社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  健康保険法 >  平成25年 健康保険法  問5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成25年 健康保険法  問5

■問題
D   任意適用事業所で引き続き1年以上被保険者であった者が、任意包括脱退により被保険者資格を喪失し、その6か月以内に出産したとき、出産育児一時金の支給を最後の保険者から受けることはできない。












  























■解答 誤   【保険給付 法106条】
 任意適用事業所で引き続き1年以上被保険者であった者が、任意包括脱退により被保険者資格を喪失し、その6か月以内に出産したとき、出産育児一時金の支給を最後の保険者から受けることができる。

社労士クイズ

関連
 任意包括脱退等により被保険者資格を喪失した場合、任意継続被保険者にはなれない。
[ 2015年03月21日 09:37 ] カテゴリ:健康保険法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。