社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  徴収法 >  平成26年 徴収法(労災)  問8

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成26年 徴収法(労災)  問8

■問題
A 平成26年6月になってベースアップが同年1月に遡って行われることが決まり、労働者ごとの1月から6月までの差額及びその支給が確定して6月に現実に支払われる場合の賃金は、賃金差額の支給が確定した日の属する年度(平成26年度)の賃金総額に含める。











 





















■解答 正   【一般保険料 額 法11条Ⅱ】

社労士クイズ

【厚生労働省 労働保険料等の算定基礎となる賃金早見表(例示)】


参考:平均賃金(一般保険料の額の算定に用いる賃金総額ではないが)
【厚生労働省 平均賃金 ベースアップの確定している場合】
[ 2014年09月13日 03:00 ] カテゴリ:徴収法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。