社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  労災法 >  平成26年 徴収法(労災)  問8

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成26年 徴収法(労災)  問8

■問題
D 労働基準法第76条の規定に基づく休業補償は、労働不能による賃金喪失に対する補償であり、労働の対象ではないので、労働保険料等の算定基礎となる賃金に含めない。また休業補償の額が平均賃金の60%を超えた場合についても、その超えた額を含めて労働保険料の算定基礎となる賃金総額に含めない。











 





















■解答 正   【一般保険料 額 法11条Ⅱ】

社労士クイズ

【厚生労働省 労働保険料等の算定基礎となる賃金早見表(例示)】
[ 2014年09月14日 03:00 ] カテゴリ:労災法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。