社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  徴収法 >  平成26年 徴収法(労災)  問10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成26年 徴収法(労災)  問10

■問題
A 個々の事業に対する労災保険率の適用は、事業主が同一人であって業種が異なる二以上の部門が場所的に分かれ、それぞれ独立した運営が行なわれている場合には、常時使用される労働者の数が最も多い部門の業種に応ずる労災保険率を適用する。











  
 





















■解答 誤   【一般保険料 保険料率 法12条】
 個々の事業に対する労災保険率の適用は、事業主が同一人であって業種が異なる二以上の部門が場所的に分かれ、それぞれ独立した運営が行なわれている場合には、それぞれの部門の業種に応ずる労災保険率を適用する。

社労士クイズ

[ 2014年09月17日 01:00 ] カテゴリ:徴収法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。