社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  徴収法 >  平成26年 徴収法(労災)  問10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成26年 徴収法(労災)  問10

■問題
B 雇用保険率は、労働保険徴収法第12条第4項において原則の料率が定められているが、毎会計年度において、雇用保険の財政状況に応じて一定範囲内において弾力的に変更ができる仕組みがとられ、平成26年度の雇用保険率は、一般の事業では1000分の15.5とされている。













  
 





















■解答 誤   【一般保険料 保険料率 法12条ⅣⅤ】 【厚生労働省 雇用保険率】
 雇用保険率は、労働保険徴収法第12条第4項において原則の料率が定められているが、毎会計年度において、雇用保険の財政状況に応じて一定範囲内において弾力的に変更ができる仕組みがとられ、平成26年度の雇用保険率は、一般の事業では1000分の13.5とされている。

社労士クイズ

[ 2014年09月17日 02:00 ] カテゴリ:徴収法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。