社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  雇用保険 >  平成26年 雇用保険法  問2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成26年 雇用保険法  問2

■問題
C 受給資格者が、失業の認定に係る期間中に自己の労働によつて収入を得た場合には、その収入のその収入の一日分に相当する額に雇用保険法第19条第2項に定める額を控除した額と基本手当の日額との合計額が賃金日額の100分の80に相当する額を超えないとき、基本手当の日額に100分の80を乗じ、基礎日数を乗じて得た額を支給する。











  
 




















■解答 誤   【基本手当 減額 法19条Ⅰ①Ⅱ】 
 受給資格者が、失業の認定に係る期間中に自己の労働によつて収入を得た場合には、その収入のその収入の一日分に相当する額に雇用保険法第19条第2項に定める額を控除した額と基本手当の日額との合計額が賃金日額の100分の80に相当する額を超えないとき、基本手当の日額に基礎日数を乗じて得た額を支給する。

社労士クイズ

【求職者給付金 概要1】
[ 2014年09月21日 01:00 ] カテゴリ:雇用保険 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。