社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  雇用保険 >  平成26年 雇用保険法  問6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成26年 雇用保険法  問6

■問題
B 受給資格者が離職理由による給付制限を受け、雇用保険法第21条に定める待期の期間満了後の1カ月の期間内に事業を開始したときは再就職手当を受給することができない。

 











 





















■解答 正   【就業促進手当 法56条の3Ⅰ】

社労士クイズ

行政手引57052(2)再就職手当の支給要件
(ホ) 受給資格に係る離職について法第 33 条の給付制限(給付制限期間の長短を問わない。)を受けた場合において、待期期間の満了後 1 か月間については、安定所又は職業紹介事業者の紹介により職業に就いたこと事業を開始したことはこれに含まれない。)。
 なお、受給資格者である夜間学生が、職業安定法第 27 条の規定に基づき学校の長の紹介により就職した場合は、安定所又は職業紹介事業者の紹介により就職したものとして取り扱う。

【就職促進給付 概要1】
[ 2014年09月27日 02:00 ] カテゴリ:雇用保険 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。