社労士クイズ TOP  >  スポンサー広告 >  雇用保険 >  平成26年 雇用保険法  問7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社労士クイズ

[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平成26年 雇用保険法  問7

■問題
B 上司、同僚等から故意の排斥又は著しい冷遇若しくは嫌がらせをを受けたことにより退職した場合は、自己の都合によって退職した場合であっても、正当な理由があるためこれを理由とする給付制限は行われない。



 











 





















■解答 正   【厚生労働省 特定受給資格者の範囲の概要】  【支給制限 離職理由 法33条】

社労士クイズ

 上司、同僚等から故意の排斥又は著しい冷遇若しくは嫌がらせをを受けたことにより退職した場合は、解雇等により離職した者にあたり、給付制限は行われない。
 
【所定給付日数 特定受給資格者 法23条】
法23条
Ⅱ  前項の特定受給資格者とは、次の各号のいずれかに該当する受給資格者(前条第二項に規定する受給資格者を除く。)をいう。
 二  前号に定めるもののほか、解雇(自己の責めに帰すべき重大な理由によるものを除く。第五十七条第二項第二号において同じ。)その他の厚生労働省令で定める理由により離職した者

則36条
法第二十三条第二項第二号 の厚生労働省令で定める理由は、次のとおりとする。
八  事業主又は当該事業主に雇用される労働者から就業環境が著しく害されるような言動を受けたこと。
[ 2014年10月15日 07:44 ] カテゴリ:雇用保険 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ホーム
社労士クイズホ-ム 【ランダム問題】【解答用紙 1問1答用】
コメント欄に解説等の追記を、ご自由にご記載ください。
コメントは、修正・削除することがあります、ご了承ください。
PR
人気 J air


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。